ロゴ
HOME>クチコミ>工夫すれば居心地のいい暮らしが実現!エンパスの快適な生き方とは

工夫すれば居心地のいい暮らしが実現!エンパスの快適な生き方とは

スピリチュアル

エンパスと理解し受け入れることで今よりも生きやすくなることがあります。また、心のあり方を工夫することで周りからの影響を受けにくくなることもあります。エンパスとしての生き方について他の人から話を聞いてみましょう。

みんなの声

相手に強く共感するのが当然と考えたら楽になった

子どもの頃から他人の感情に必要以上に共感しやすく、いつも誰かと一緒にいるとクタクタに疲れていました。他人の意見に左右されているような自分が嫌になり、何度も自分を責めながら生きてきました。しかしある時、これはエンパスの性質からくるものということを知り、気持ちがスッと楽になりました。それから考え方や生き方が変わりました。他人に強く共感することも、個性なのだと思えるようになったのです。今はそんな自分を認め、上手く付き合えるようになりました。大切なのは共感しやすい自分を責めずに受け入れてあげることです。その上で、苦しくなった時は無理せずに一人の時間を持ち、感情をデトックスしています。一番悲しいのは自分を否定することです。私にとってはこれが当たり前。少しでもそう思えたら楽になれますよ。
[40代|男性]

常に自分の感情を冷静に客観視できるように訓練しています

自分がエンパスだと気付いたのはここ最近です。今まで自分はどうして人に影響されやすいのか、感情に振り回されるのかわかりませんでした。人のエネルギーをもらいやすいので心が疲れやすく、人付き合いを避けていた頃もありました。今はエンパスの性質だとわかったので、何より自分の気持ちを大切に考えるようにしています。どうしても相手の感情を敏感に感じてしまうため、相手の気持ちを優先しそうになりますが、その前に自分はどんな気持ちなのかを問いかけるように気をつけています。相手の感情と自分の感情を分けて考えることを常に意識するのです。そうすることで、他人の感情に振り回されて心の中がぐちゃぐちゃになることが減りました。確かに生きづらいことも多いですが、これからも生き方を工夫して、自分らしく生きていきたいです。
[20代|女性]

広告募集中